中古のノートパソコンを購入するメリットと注意点とは?知って得する豆知識を紹介

このサイトでは、中古品のノートパソコンを購入するメリットなどについてお伝えしていきます。
知って得する豆知識も合わせてご紹介しますので、参考にしてみてください。
また、このサイトでは、購入時の注意点についても具体例を挙げて解説しています。
パソコン選びで絶対に失敗したくない方にとって必見の情報です。
さらに、このサイトでは物理的な故障が考えられるケースもお伝えしていきます。
故障かもと思ったら、ぜひともチェックしておきたい内容です。

目次
  1. 中古のノートパソコンを購入するメリットと注意点とは?知って得する豆知識を紹介
    1. 自分に合った中古ノートパソコンに出会うコツ
    2. 失敗例から学ぶ中古ノートパソコンの選び方
    3. 中古ノートパソコンを選ぶ際にチェックしたいクリーニングの有無
    4. 中古ノートパソコンでチェックしておきたい内部の冷却ファン
    5. 中古ノートパソコンの良し悪しはCPUのスペックで決まる(2023/4/21)
    6. 中古のノートパソコン購入で注意したいバッテリーの劣化具合(2023/4/21)
    7. 古いモデルの中古ノートパソコンは充電の持ち時間が短くなっている可能性が高い(2023/4/21)
    8. 中古のノートパソコンはメーカー保証が受けられない?(2023/4/21)
    9. 中古のノートパソコンは付属品がない場合がある(2023/4/21)
    10. 現在流通していないモデルが入手できる中古ノートパソコン(2023/9/21)
    11. 未開封のノートパソコンが中古で販売されているケースもある(2023/9/21)
    12. 中古ノートパソコンは余計なアプリケーションが入っていない(2023/9/21)
    13. 中古ノートパソコンに販売店の独自保証がつけられる場合もある(2023/9/21)
    14. 中古ノートパソコンの購入トラブルを避けるための別途保証とは?(2023/9/21)
    15. 中古ノートパソコン選びのメリットと注意点(2024/2/16)
    16. ノートパソコンを中古で購入するデメリット(2024/2/16)
    17. 中古ノートパソコンのセキュリティ対策方法(2024/2/16)
    18. ノートパソコン選びに役立つ中古人気ランキング(2024/2/16)
    19. 中古ノートパソコン購入ガイド・インターネット活用法(2024/2/16)

中古のノートパソコンを購入するメリットと注意点とは?知って得する豆知識を紹介

中古のノートパソコンを購入する一番のメリットは、新品を購入するよりも価格を安く抑えられることです。
注意点とは故障のリスクが高いことです。
このような豆知識を頭に入れた上で購入するかどうかを考えた方がよいでしょう。
中古ノートパソコンを購入するときの注意点は、SSDやHDDなどのパーツの劣化です。
最悪の場合には換装する前提で購入した方がよいかもしれません。
中古ノートパソコンで物理的な故障が考えられるケースは、落下させたり、水没させてしまうケースです。

自分に合った中古ノートパソコンに出会うコツ

PCメーカーの製品は、個人向けと法人向けでラインアップが違います。
そのため個人が法人向けのモデルを欲しいと思っても、入手できないケースもあります。
本当に自分が欲しいノートパソコンを手に入れるなら、中古で探すのがコツです。
市場では法人向けのモデルも個人向けに販売されているため、誰でも購入可能です。
自分に合ったノートパソコンを中古で手に入れたいなら、まずは法人向けのラインアップも調べてみましょう。
そのうえでネット通販や販売店などでくまなく探せば、最適な一台が見つかります。
しかしネット通販や販売店を探しても、なかなか見つからないかもしれません。
そんなときには、ポイントを絞って探すのがコツです。
たとえばノートパソコンの通販サイトでは、特定メーカーを専門にするサイトもあります。
特定のメーカーに特化している通販サイトならノートパソコンの品揃えも豊富なので、個人では購入しにくい法人向けのモデルも手に入りやすいです。

失敗例から学ぶ中古ノートパソコンの選び方

中古ノートパソコンは安さが魅力ですが、失敗しないように選ぶにはどのように選択するのが良いでしょうか。
失敗例として代表的なのはやはり安さに釣られて購入してしまう選び方で、スペックなどに不満が残る結果になりがちです。
ノートパソコンに限らず、購入の判断は安いから買うのではなく、欲しい物が安い時に購入する方が満足しやすいといえます。
中古は見た目だけでは状態が分かりませんが、少なくとも見た目が綺麗であれば、前の持ち主が大切に扱っていた可能性があります。
とはいえ、パーツの交換が可能なメモリやストレージなどは、酷使して傷んでいる状態のものを綺麗なボディに入れている恐れもあるので、安易に見た目だけで判断しない方が良いです。
失敗例を避けたいのであれば、実際に店頭に出向いてノートパソコンに触らせてもらい、画面表示の乱れや操作の引っ掛かり、エラーの発生などないか確認するのが正解です。
実物に触れて初めて分かることが多いですから、ノートパソコンを選ぶなら触って確かめるのが何よりも失敗を遠ざけることになるのではないでしょうか。

中古ノートパソコンを選ぶ際にチェックしたいクリーニングの有無

中古ノートパソコンを選ぶ際には、メーカーや製品にスペックなどを確認しますが、クリーニングの有無についてもチェックするべきではないでしょうか。
クリーニングなしのノートパソコンはつまり、お店にとってはその程度の扱いであって、汚れていても売れれば良いと考えられている可能性があります。
また表面が多かれ少なかれ汚れに覆われているので、細かな傷などがあっても分からないのがネックです。
一方、清掃済みのノートパソコンはお店が商品として扱っている証拠で、綺麗にするだけの価値があると考えていることが分かります。
細部まで点検を含めて清掃が行われていれば安心ですし、アルコールなどによる除菌も済んでいれば、購入してすぐに安心して使い始められます。
ノートパソコンは手で触れて使うものですから、中古となると汚れや雑菌が気になります。
しかし清掃済みならどちらも気にする必要がなく、ホコリなども取り除かれているので、快適に使えるのではないでしょうか。

中古ノートパソコンでチェックしておきたい内部の冷却ファン

パソコンはパーツが発熱することから、ノートパソコンもデスクトップの冷却ファンによって放熱が行われますが、中古のノートパソコンは特にこの点をしっかり確認する必要があるのではないでしょうか。
デスクトップはパーツの交換に対応しているので、万が一壊れていても交換で復旧することができます。
一方、ノートパソコンは内部に独自パーツが採用されていることが多く、故障するとメーカーに修理してもらう必要が出てきます。
冷却ファンは劣化すると音が大きくなったり、異音が発生して快適に使えなくなるので注意です。
中古ノートパソコンの購入を検討する場合は、実際に電源を入れてファンの音を聞くことをおすすめします。
比較的負担の小さい処理だと回転数は上がりませんが、負担が掛かると回転数が上がり音が大きくなり、異音も発生しやすくなるので、なるべく高負担の作業で確認したいところです。
デスクトップに比べてホコリが溜まりやすく加熱してパーツの劣化が起こりやすいですから、決して軽視せず忘れずにチェックすることが大事ではないでしょうか。

中古ノートパソコンの良し悪しはCPUのスペックで決まる

中古ノートパソコンを購入する際は様々なポイントをチェックすることが重要ですが、中でもノートパソコンの良し悪しを左右するのがCPUのスペックです。
CPUは、パソコンの中核をなす人間の脳に相当するパーツで、性能が良いほどパソコンの処理速度は向上します。
そのため、中古ノートパソコンを購入する際はこのパーツのスペックを確認しておくことが重要ですが、チェックする際はシリーズ名ではなく世代を見ることが大切です。
例えば、インテル製のCPUには「Core i3」や「Core i5」、「Core i7」といったシリーズがあります。
CPUをチェックする際にシリーズ名しか確認しない方は多いかと思いますが、上位シリーズでも世代が古いと新しい世代の下位シリーズよりも性能が劣る可能性があります。
Core i7であっても古い世代のものだと、最新のCore i5の方が高性能な可能性があるので、CPUをチェックする際は世代に注目するようにしましょう。

中古のノートパソコン購入で注意したいバッテリーの劣化具合

ノートパソコンは持ち運べるのがメリットですが、中古はやはりバッテリーの劣化具合に注意が必要ではないでしょうか。
バッテリーは繰り返し充電できるように設計されているものの、高頻度で充電と放電を繰り返すとやはり傷みます。
傷んでくるとノートパソコンの稼働時間が減少していき、最終的には満充電でも短時間で急激に残量が減るようになります。
スマホの場合は、バッテリーの健康状態を数値で表示する仕組みがあるので、その数字を参考にすることで状態の良し悪しが判断できます。
ノートパソコンにもそのような仕組みが用意されていますから、通販であれば確認してもらうか、店頭なら自分でチェックして劣化具合を把握することをおすすめします。
中古は他にも気にするべきポイントがいくつもありますが、常時コンセントに接続しなければ電源が維持できない状態のものはNGなので、購入してガッカリしない為にも、まずはそこをチェックするべきではないでしょうか。

古いモデルの中古ノートパソコンは充電の持ち時間が短くなっている可能性が高い

中古ノートパソコンを購入するときの注意点は、バッテリーです。
バッテリーは使用頻度が高いと、経年劣化で持ち時間が短くなります。
スマホでも同じですが、購入するときは丸一日充電なしで使えても次第に持ち時間は減っていきます。
購入から2年から3年経つとほとんど持たなくなり、朝にはフル充電していたはずが夕方ごろには一桁台まで減っているケースも少なくありません。
中古のノートパソコンは、当然ですが前の持ち主が使用しています。
使用頻度が低いならバッテリーの持ち時間も十分ですが、頻繁に使用されていたらあった持たない可能性もあるわけです。
消耗が激しくほとんど持たないノートパソコンだと、電源のないところでは使えないでしょう。
ですから古いノートパソコンを購入するときは、バッテリーの状態には注意してください。
膨らんでいたりすると発火の危険性が高く、火事を起こす可能性もあります。
自力で交換が可能か、交換用を入手できるかなどを調べておくと安心です。

中古のノートパソコンはメーカー保証が受けられない?

通常新品のパソコンを購入すれば1年間のメーカー保証は受けられますが、さらに長い保証が欲しいならば費用を追加して期限延長しなければなりません。
規約があって全額が支払われるわけではなく、二年目は80%で三年目は60%など、保証範囲が狭くなって五年で消失するなどのパターンになります。
それでも手厚いメニューを選べば、水濡れや落下などの自分の瑕疵でも修理対応をしてくれるのでアクティブに使いたい人は是非加入した方がいいです。
ノートパソコンの中古の場合には、この初期保証が生きている場合もあります。
しかし通常は一年を経過しておりますので、購入時にお店の独自の保証を付けるなどの対策が必要です。
ノートパソコンは仕事などで持ち歩くことが多く、見た目よりも内部にダメージがある場合や、バッテリーが劣化しているケースもあります。
こうした消耗品を含めて対応や、追加のメニューをチェックしてから購入することが安心ですので注意しましょう。

中古のノートパソコンは付属品がない場合がある

中古のノートパソコンは安さが目を引きますが、外観や内部の状態に加えて、付属品もしっかり確認した方が良いのではないでしょうか。
保管場所がないなどの理由で処分され箱がないのは、中古のノートパソコンに珍しくないことですが、充電に必要なACアダプターがないというのは地味に困ります。
ACアダプターは電圧や電流、プラグの形状が一致すれば、メーカー純正の付属品でなくても代用できます。
しかし一部のノートパソコンには特殊なものが採用されていたりするので、同等品や互換品を探すのが面倒だったりします。
購入してすぐに使い始められるという意味でも、ノートパソコンのACアダプターについては付属しているか確認すること、断線などの問題がないと確かめることをおすすめします。
最近は紙のマニュアルも付属しなくなっていますが、新品に何が付属しているのかを把握したり、それを念頭に一通り揃っているお得な商品を探すのが正解ではないでしょうか。

現在流通していないモデルが入手できる中古ノートパソコン

同じノートパソコンを使い続けていると、問題になるのがバッテリーです。
バッテリーは使っていると劣化が加速し、使っていなくても自然に劣化します。
そのためバッテリー以外は快適に使えるのに、充電が持たないため買い替えを考えるユーザーもいるでしょう。
古い機種のバッテリーはメーカーでも取り扱いがなく新品と交換できないため、まだまだ使える本体ごと買い替えるわけです。
しかし中古ノートパソコンを上手に活用すれば、まだまだ劣化していないバッテリーを入手できる可能性があります。
中古市場では、古いノートパソコンも流通しています。
なかにはメーカーが製造を終了した機種や、修理サポートを打ち切った機種もあるのです。
愛用しているノートパソコンを販売店などで見つけたら、購入しましょう。
新しく購入した機種からバッテリーなどの必要なパーツを入手し手元にある機種と交換すれば、メーカーのサポートが終了していても不具合のある箇所を直せます。

未開封のノートパソコンが中古で販売されているケースもある

中古ノートパソコンの状態は、ピンからキリまであります。
製造から10年近く経過した古いノートパソコンから、購入後数回しか使われていない最新モデルまでさまざまです。
なかには外箱が未開封なノートパソコンまであるので、よく吟味して選ばなければいけません。
なぜ未使用品や未開封品が中古として販売されているのか、そこにはさまざまな理由があります。
たとえば家電量販店やパソコンショップの店頭では、見本がディスプレイされています。
こうした店頭で見本として使われたノートパソコンは、新品を名乗って販売することができません。
そのため未使用品と表示し新品よりも安価に販売していて、購入しやすくなっています。
新品ではないといっても、店頭でディスプレイのために並べられていた商品です。
多くの場合はキズひとつなく、内部の状態にも問題ありません。
未使用品は最高ランクに位置付けられ、超美品などと表示し販売されているので探してみましょう。

中古ノートパソコンは余計なアプリケーションが入っていない

中古のノートパソコンには安い以外にも魅力的なポイントが沢山ありますが、余計なアプリケーションが入っていないこともメリットの1つではないでしょうか。
ノートパソコンは使っている内にあれこれとアプリケーションが増えていき、画面がアイコンだらけになってしまったり、動作が重くなるといった問題があります。
その点、初期化されている中古のノートパソコンであれば、余計なものが入っていない初期状態なので快適ですし、自分好みに設定したり使うことができます。
メーカー製の場合は新品でも色々と入っていたり、使っている内に使用しないことに気がつき邪魔に思えるものが少なくないです。
しかり、初期化してしまえばまっさらになりますし、最初から含まれているのはせいぜいOSに標準搭載される基本的なものだけです。
自分で初期化して使う方法もありますが、検品やお手入れがしっかり済んでいるノートパソコンであれば、購入直後から快適に使い始められるのではないでしょうか。

中古ノートパソコンに販売店の独自保証がつけられる場合もある

新品のノートパソコンには、メーカー保証がついています。
購入から1年や3年など一定期間内に故障したら、無償で修理や交換をしてくれるので安心です。
しかし中古ノートパソコンの場合は、メーカーの保証はついていません。
購入した当日に故障をしても、無償で修理や交換などの対応はしてくれないデメリットがあります。
これでは安心して購入できなため、なかなか手を出しづらいでしょう。
故障の不安を少しでも解消するために、選びたいのは独自に故障に対応できる販売店です。
ほとんどの販売店では、販売した中古のノートパソコンが故障したら無償で対応してくれます。
もちろんメーカーと同じように購入から一定期間のみですが、それでも心強いサービスでしょう。
ただし気を付けておきたいのは、販売店の独自サービスはメーカーと違いがあるという点です。
新品なら1年以上の期間を設けていますが、販売店では数か月が一般的です。
それでも購入直後のトラブルを避けられるため、安心感はあります。

中古ノートパソコンの購入トラブルを避けるための別途保証とは?

中古のパソコンの市場は拡大しており、新品よりも安くて一括導入しながら、設置やキッティングなどを行ってもらえることなどがメリットになります。
契約の中に盛り込まれている内容により、故障しても同等品を直ぐに補充してくれるなどのリスクコントロールがされる場合もあるのです。
デスクトップマシンだけではなくノートパソコンでもこうしたレンタルサービスがあり、企業では良く利用される契約形態になります。
場合によっては購入するケースもあり、購入の際にはノートパソコンを個人の専用モデルにする場合が多いことが特徴です。
ノートパソコンはモニターやキーボードが壊れやすいと言われております。
購入店の独自サービスの、保険を別途購入して修理対応や交換保証などを拡充しておくことがおすすめです。
中古は安い分だけリスクもありますし、初期の保証が短い場合もあるので別途のサービスがあれば追加料金を支払ってでも利用することが安心になります。

中古ノートパソコン選びのメリットと注意点

新品の購入を考えがちなノートパソコンですが、中古製品を選ぶことには多くのメリットが存在します。
中古のノートパソコンは、新品に比べると価格が大幅に抑えられる点が最大の魅力です。
コストパフォーマンスに優れたモデルを選べば、予算内で高性能な機種を手に入れることができるでしょう。
また、中古市場には生産が終了した人気のある旧型モデルが流通していることも多いです。
そのため、新製品では得られないデザインや特定の機能を備えたノートパソコンを見つけることが可能です。
しかし、中古品の選定には注意が必要です。
リサイクルショップやオンラインマーケットで購入する場合は、保証期間や過去の修理履歴、バッテリーの寿命などを事前に確認することが肝心です。
さらに、キーボードの使用感や画面にキズがないかなどの外観チェックも大切です。
性能だけでなく、快適に使用するための細かな部分までしっかりと検討しましょう。
安価で質の高いノートパソコンを求めるのであれば、中古品を選ぶことは優れた選択肢の一つです。

ノートパソコンを中古で購入するデメリット

ノートパソコンを新品で購入することは多くの人にとって理想的ですが、予算の都合上中古品を検討する方もいらっしゃることでしょう。
しかし中古品にはいくつかのデメリットが存在します。
まず、中古のノートパソコンは使用履歴が不明瞭なため、性能面での不安がつきまといます。
バッテリー劣化は特に懸念される事項の一つであり、新品に比べて電源が持たない可能性が高くなります。
また、中古製品は故障のリスクも新品より高く、保証期間が短い場合が多いため、いざという時のサポートに不安が残ることがあります。
次に、ノートパソコンには使用感が表れることもデメリットとして挙げられます。
キーの摩耗や筐体の傷、画面についた焼き付きなど、新品では感じられない使用感があるかもしれません。
これらは使用に支障をきたさない場合もありますが、新品の状態を求める方にとってはマイナスポイントとなるでしょう。
さらに、最新の技術や機能が搭載された新品のノートパソコンに比べて、中古品は性能が古いモデルである可能性が高く、将来性に欠けると言えます。
中古のノートパソコンを購入する際にはこれらのデメリットを十分に考慮し、選択を行うことが大切です。
信頼できる販売元から購入する、状態をしっかりと確認する、保証内容をチェックするなど、リスクを軽減する方法もあります。
賢い選択によって、中古のノートパソコンでも快適なデジタルライフを送ることが可能になるでしょう。

中古ノートパソコンのセキュリティ対策方法

中古ノートパソコンを購入する際、多くの方が気になるのがセキュリティの問題です。
この問題に対処するためには、まず初期設定を見直すことが重要となります。
前の所有者のデータが残っている可能性があるため、ハードドライブを完全に消去し、オペレーティングシステムを再インストールすることをお勧めします。
さらに、信頼できるセキュリティソフトウェアを導入することも欠かせません。
フリーのセキュリティソフトウェアでも基本的な保護は提供されますが、有料の製品の方が高度なプロテクションを提供する傾向にありますので、ニーズに合わせて選ぶことが重要です。
また、定期的にシステムとソフトウェアの更新を行うことで、新たな脅威に対する防御力を強化できます。
ノートパソコンが常に最新の状態を保てるように自動更新を有効にすることを忘れないでください。
インターネットを安全に利用するためには、強力なパスワードの設定も不可欠です。
複雑で推測しにくいパスワードを各アカウントに設定し、定期的に変更を行うことで、個人情報のセキュリティを高めることができます。
以上のステップに従えば、中古ノートパソコンでも安心して使用することが可能です。
個人情報の漏洩を防ぎ、快適なコンピューティング体験を得るためにも、適切なセキュリティ対策を行いましょう。

ノートパソコン選びに役立つ中古人気ランキング

最近のライフスタイルの変化に伴い、ノートパソコンが日々の生活に欠かせないアイテムとなっています。
仕事やプライベートの効率を高めるためにも、自分に合ったノートパソコンの選択は非常に重要です。
そこで多くの方が注目しているのが中古のノートパソコン市場です。
新品に比べてリーズナブルな価格で高性能なノートパソコンを手に入れることが可能です。
この記事では、中古ノートパソコンの選び方と、現在人気の中古ノートパソコンランキングをご紹介します。
中古ノートパソコンを選ぶ際には、まずは用途を明確にしましょう。
仕事で使うには性能の高さが求められることもあれば、家庭で使うにはコストパフォーマンスを優先することもあります。
また、保証やアフターサービスも重要なポイントとなります。
人気の中古ノートパソコンには、ビジネス用途での利用に耐えうる堅牢性を持ち合わせたモデルや、軽量で携帯性に優れたスリムタイプのモデルなどがあります。
また、学生さんやクリエイティブな作業に利用する方には、高解像度のディスプレイを搭載したモデルが支持されています。
ここで紹介するランキングでは、総合的な評価が高く、特に売れ筋の中古ノートパソコンをピックアップしました。
このランキングを参考に、あなたのニーズに合った中古ノートパソコンを見つけてください。

中古ノートパソコン購入ガイド・インターネット活用法

中古ノートパソコンを購入する際の注意点や、インターネットを活用するためのコツをお伝えします。
まず中古品の選び方としては、信頼できる販売店を選ぶことが重要です。
故障リスクを減らすために、保証期間の長さや、クチコミでの評判をチェックしましょう。
性能面では、用途に応じてCPUやメモリのスペックを確認し、必要十分なものを選んでください。
次に、インターネットを安全に活用するため、セキュリティ対策も考慮しましょう。
中古ノートパソコンには、以前の利用者のデータが残っている場合がありますので、初期化後のセットアップ時にウイルス対策ソフトの導入をお忘れなく。
また、定期的なシステム更新や、安全な通信を確保するためにVPNの利用を推奨します。
最後に、インターネットに接続する際のネットワーク環境ですが、安定した通信ができるWi-Fi環境を整えることが肝心です。
ホームルーターだけでなく、外出先での利用を考慮し、モバイルWi-Fiルーターの選定も検討すると良いでしょう。
こうした細かなポイントを押さえ、適切なノートパソコン選びをすることで、快適なインターネットライフが送れるはずです。